引越し業者によって料金価格が異なる|格安サービスをチェック

レディー

住まいを変えてみよう

作業員

新しい住まい探し

引っ越しをしようと考えている方は、引っ越し先を探すことから始めると考えられます。または、転勤などで決まっている方もいます。一般の方が探す方法を考えてみますと、不動産会社のHPや不動産サイトなどを参考にして探すことが早くて便利です。気に入った物件があったら行ける時には見学に行きましょう。物件探しと同時に準備のために荷物の整理をしておくと慌てなくて済みますし、引っ越しの見積もりの時にも有利でしょう。住む場所が見つかったら見積もりをしてもらいます。近年ではネットで一括見積もりサイトもありますし、決めている場合には直接連絡して見積もりをしてもらいます。綺麗に荷物を整理して運んでもらう物を決めて準備していると早く見積もりが終わります。

荷物の見積もりのコツ

引っ越し業者に見積もりをしてもらう時には、引っ越し日、午前中の作業か午後からの作業か、マンションやアパートや一軒家、トラックの大きさ、オプションなどで料金が決まります。平日の午後からの引っ越しなら料金は安いです。一軒家から一軒家のように1Fから1Fの荷物の運び出し、運び入れは2F以上の場合と比べると安いです。また、トラックも大きくなればなるほど高くなります。エアコンやピアノなどのオプションも料金がプラスされます。このように少しでも安く済ませるための見積もりに関する準備をすることも必要です。引っ越しの準備には、公共料金や役場関係、仕事、学校、銀行や資格などの名義変更など色々とやらなければならないことが多数あります。必要なことから始めていきましょう。